ブランシュールのスタッフによる、ブログです!

〒491-0914
一宮市花池3-26-12

0120-075-504

お問い合わせ

スタッフブログ

contact

イベント情報

新着情報

住宅まるっとリノベーション

できること

お問い合わせからの流れ

ReformMenu

  • キッチン
  • 内装・インテリア
  • トイレ・洗面台
  • 浴室・バス
  • 外装
  • エクステリア
  • 収納
  • 店舗

施工事例

家具&雑貨

concept

スタッフブログ

Show room

Blancheur

0120-075-504

OPEN 10:00 CLOSE 18:00
定休日/毎週火・水曜日

〒491-0914
一宮市花池3-26-12

スタッフブログ

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ

■2017/04/20

◆住まいの講座 BNo.04◆ カラーコーディネート 基本編

こんにちは、
スタッフの岩田怜です。

 

住まいの講座 バックナンバー04
今回のテーマは【カラーコーディネート 基本知識】について

 

物のイメージを決める上で、色はとっても大事な要素の一つです。
それはおうちに関しても同じことですが、
何色を選んでいいのか全然わからないなんて声もたくさん見受けられます。
そこで、まずは基本的なところから一緒に学んでいきましょう。

 

 

 

色は色相、明度、彩度といった3属性に分けることができ、
それぞれ色合い、明るさの度合い、鮮やかさの度合いを示しています。
今回はこれら3つについて触れていきます。

 

色相
色相とは赤、緑、黄といった色味の違いのことで、
それぞれその中で最も彩度の高い色のことを純色と言います。最も鮮やかな色ということですね。
色相を順序立てて並べた図のことを色相環と言い、色の関係を簡単に知ることができます。


 

補色:正反対に位置する色同士のことでお互いの色を目立たせる効果があります。
インパクトはありますが、目がチカチカしないよう配置に注意を払う必要があります。


類似色:両隣にある色のことで比較的簡単にインテリアに取り入れることができます。
補色とは逆に一つ一つは目立ちませんが、全体的にまとまりのある雰囲気にすることができます。

 

 

彩度
色の鮮やかさのことで、彩度が最も高いと上の色相環にあるような色になります。
そこから彩度を下げていく度にくすんだ色になり、最終的にはグレーになります。

← シックで落ち着いたイメージに       元気で派手なイメージに →

 

 

明度
色の明るさのことで、明度を高くする度に白に近づき最終的には真っ白に。
反対に最も明度を低くすると真っ黒になります。

 ← 重みのあるイメージに      やさしいイメージに →

 

 

 

色というのは本当に奥が深くてそれを意識した部屋作りをしようと思うとすごく大変そうですが、
この「色の三属性」を知っておくととても便利ですよ。

 

実例を絡めた詳しいお話もしたいのですが、長くなってしまうので今回はここまで。
いずれそのお話も記事にしますので、よかったら見に来てくださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは

 

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ

お問い合わせ

Page_top